歴史の中の紅茶

history

歴史の中では、お茶が大きな役割を果たした出来事があります。
それらの出来事の中のいくつかを拾い上げてご紹介します。

アヘン戦争の原因はアヘンではなくお茶だった?

1840年、イギリスと清(今の中国)との間で起こった戦争がアヘン戦争です。アヘン戦争という呼ばれ方からアヘンが原因と思われていますが、そもそもはお茶が原因を作りました。

当時イギリスでは紅茶がブームとなっており、清からお茶を輸入していました。
清との貿易でイギリスが輸出できるものは工業製品が主で、清ではそれほど売れるものではありませんでした。綿織物などもありましたが、清には良質な綿織物があったため、イギリスの品は必要とされなかったのです。
イギリスはお茶の代金として銀を支払っていましたが、大きな貿易赤字に陥ってしまいます。それを解消するためにとんでもないものをイギリス人が考えました。それが、アヘンです。
イギリスは植民地のインドでアヘンを栽培して、密かにお茶の支払いに充てた結果、アヘンは清の国内で大流行してしまい、貿易収支は一気に逆転します。
清はアヘンの吸飲・輸入を禁止しますが、イギリスによるアヘンの密輸は止まらず、既に衰え始めていた清はアヘンの大流行によってさらに弱体化。当時の清の皇帝はアヘンに対して厳しい態度で対抗し、清政府はイギリスの貿易船が積んできたアヘンを没収して海に捨ててしまいます。
これに怒ったイギリス政府は清に対して戦争を仕掛けます。逆切れとも言うべき態度ですが、1842年、圧倒的な海軍力によってイギリスは清に勝利し、南京条約によって香港島を割譲されることになりました。
イギリス人がその支払いに困るほど紅茶を愛していなかったなら、アヘンを使ってまで紅茶を飲もうと思わなかったなら、この戦争は起こっていなかったことでしょう。
アヘン戦争はイギリス人がお茶好きだったために起こった戦争とも言えるのです。

紅茶がアイルランドに独自の道を歩ませた?

現在世界第三位の紅茶の産地、ケニア。
日本人にはあまりなじみのないアフリカの国ですが、ヨーロッパ、中でもアイルランドではケニアの紅茶が主流です。
歴史の中でのアイルランドとイギリスとの関係に、紅茶が一役買っているのです。

実はアイルランド人は一日6杯の紅茶を飲み、一人当たりの紅茶の消費量が世界一とも言われています。
そんなアイルランドはかつて紅茶をイギリスからの輸入に頼っていました。ところが第二次世界大戦が勃発し、アイルランドが中立を宣言すると状況が変わります。
中立国であるアイルランドは、自国の港にイギリスの艦船が寄港することを拒否、それに対する報復として、イギリスはアイルランドへの紅茶の輸出を制限します。
これに困ったアイルランドは生産地から直接、独自に紅茶を輸入する政策を取りました。そしてその後、アイルランドはイギリスを頼ることなく紅茶産業を発展させていくこととなります。

アイルランドは第二次大戦前から主にインドのアッサムから紅茶を輸入していましたが、1960年代になってケニアで紅茶の生産が盛んになると、それを輸入するようになりました。
始めはそれほど評価されていなかったケニア産の紅茶でしたが、やがてアイルランド人に高く評価されるようになり、それがケニアの紅茶の生産を大きく後押しすることとなっていきました。今もアイルランドの紅茶はほぼケニア産で占められています。

「隣国同市は常に対立するものだ」というマキャベリの言葉通り、イギリスとアイルランドの仲が良かったことはかつて無かったと思いますが、その対立がケニアを紅茶の一大産地として押し上げたというのも面白い話です。

東日本大震災時に支援物資として紅茶を送ってくれた知られざる親日国

日本人には忘れられない記憶、2011年3月11日、東日本大震災――。目を疑うほどの津波の映像は今も強烈に脳裏に焼き付いて離れません。
大震災の直後、世界は日本に援助の手を差し伸べてくれました。
同盟国であるアメリカをはじめとして、台湾やブータンなど、多数の国々が大きな支援をしてくれた中、経済的に決して豊かとは言えない国も日本に精いっぱいの支援をしてくれました。
それらの国々の中で、スリランカは300万個のティーバッグを支援物資として送ってくれました。

スリランカはかつてポルトガル、オランダに植民地化された後、イギリスの植民地として統治されていましたが、国民の七割が仏教徒の仏教国です。
スリランカと日本との関係はとても良好ですが、第二次世界大戦終結後のサンフランシスコ講和会議の席でのスリランカの大統領、ジャヤワルダナ氏の有名な演説によって日本は連合国による分割統治を免れ、そのことが戦後の迅速な復興と国際社会復帰に繋がりました。
「憎しみは憎しみによって恩(めぐ)まず、愛によってのみ恩む」
という、仏陀の言葉を引用したその演説は会議出席者たちの胸を打ち、日本を救ったのです。この時スリランカは同時に、日本への賠償請求権を放棄しました。
スリランカでは有名なこのことが、日本人にはそれほど知られていないようですが、憶えておきたいことです。
またサンフランシスコ講和条約締結後、真っ先に日本と外交関係を結んだのもスリランカでした。今でも日本とスリランカは親密な関係にあります。

スリランカは一人当たりのGDPが日本円にして年間40万円にも満たない国ですが、それでも日本に精いっぱいの支援と心からの応援を送ってくれたのです。
スリランカの紅茶は、津波被害に遭われ傷ついた方々を勇気づけ、身体も心も温めてくれたのではないでしょうか。

紅茶に限らず、意外なものが歴史の中で重要な役割を果たしていることがあるもの。そういったものを探してみるのも面白いのではないでしょうか。