紅茶と健康


紅茶が見直されています

見直される紅茶のメリット

 紅茶はかつて、「不老長寿の薬(中国 )」、「東洋の秘薬(イギリス)」などといわれ、健康に良い飲み物として認知されていました。コーヒーや緑茶に比べると、それほど健康に良いイメージは定着していない紅茶ですが、
科学的にも紅茶のもたらす体への様々な作用が見直され、様々な機関で研究されるようになりました。

 紅茶には、カルシウム・カリウムなどのミネラル、ビタミンB1・B2、ナイアシン、テラフラビン、紅茶フラボノイド、カフェインなど、体に良い働きをすると成分が含まれています。
 また、紅茶には心を落ち着けて、リラックスできる働きがあるといわれる「テアニン」が含まれています。「テアニン」は旨味や甘みの元となるアミノ酸の一種で、お茶に多くふくまれ、リラックス効果をもたらします。紅茶はその香り成分が相乗効果をもたらし、よりリラックスできると言われているのです。

 ストレスや疲れを感じたとき、紅茶を飲んでほっと一息。芳しい香りにとても癒されます。
それは理にかなっているのです。毎日の生活にぜひ紅茶を取り入れて、身も心もリラックスしましょう。